水アレルギーからの湿疹

水アレルギーとは水の刺激により蕁麻疹が起きる症状です。世界でも35例、2億人にひとりという非常に珍しい疾病です。また体内から出る汗や涙を流したりすることで症状が出てしまうこともあります。あるいは入浴やシャワーのあとプールや雨の日などでも15分ほどで湿疹や紅斑が現れ2時間ほど痛みやかゆみが続きその間にかきむしったりしてしまい傷やあざが出来てしまったりします。また呼吸困難になってしまったりショック症状がでてひどい場合死にいたってしまう場合もあります。対策として確立されているものがまだないため基本的な体調を整えてストレスをためないことやクリーム等を塗るなどの方法しかありません。症例数が世界的に少ないため日々原因の究明を行っています。

アレルギー反応で苦しむ人達

水アレルギーは、これまで耳にしたことない、珍しい病気です。発症する人は、極まれであり、生命に必要な水に反応するアルレギーで、体内からでる汗や涙、唾液などにも反応して短時間の間に湿疹がでて、あかくはれ、ひどいときにはかゆみや痛みを伴い命にかかわると症状で、日常生活であらゆる場面で細心の注意が必要となります。このような症状は、どちらかというと女性の方が男性よりも多く発症する傾向のようです。発症するメカニズムについては、正確に分かっていないのが現状であり、現在の医療でも、その治療法がな困難な状況なのです。

新着情報

↑PAGE TOP