水飲む事アレルギー症状を抑える

アレルギーには、アトピー性皮膚炎の他、花粉症、結膜炎、鼻炎、ぜんそくなどがあります。体内の免疫システムが過剰に反応することで起こりますが、過剰に反応した部分には数多くの活性酵素ができており、この活性酵素はさらに免疫反応を促してしまうため、症状が前にも増して症状を悪化させてしまうことがあります。こういったことを改善するには、水を適切にとることが大切になります。適切にとることで、リンパの流れや血液の流れを良くするほか、便秘を解消することができます。腸内には、免疫細胞が数多く集まっているので、水を飲み、腸内環境を整えることで、免疫も適切に活動をすることができます。

素因が原因の可能性水アレルギー

水アレルギーは、アレルゲンの刺激により肥満細胞から放出されたヒスタミンが痒みを引き起こす接触性の蕁麻疹とは考えられていない上に、先天性の発症例が一例しか無く手術後や14歳の時突然など後天的な症例が全体の約97%を占めている事から、後天的な素因として何らかの物質が肌に物理的な作用を及ぼし、斑ら模様の蕁麻疹が発症すると考えられています。実際に扁桃腺の手術の際に過剰投与されたペニシリンにより体内のヒスタミン濃度が大きく変化し、発症した女性も存在する事からも後天的な素因により発症すると考えられていますが、水アレルギーは現在も明確な発症原因は不明の不治の病です。

↑PAGE TOP